top of page

【就活の結果も見た目が9割】男女別で見た目の印象が上がるコツを紹介

「就活では見た目ってどれくらい重要なの?」「顔採用ってやっぱりあるの?」と考えていませんか。


人は見た目が9割という言葉もあるように、就職活動においても見た目は重要な要素の1つです。

見た目だけで選考に通過する、内定がm路会えることはないですが、清潔感がない、笑顔がないという理由から減点されることは防がなければいけません。


そこでこの記事では、見た目が就活に与える影響や就活での第一印象を上げる方法について解説します。



【見た目が9割】見た目が就活に与える影響とは?


就活において見た目が全てではないですが、非常に重要な要素の1つであることに間違いありません。


こう言える根拠としてメラビアンの法則があります。メラビアンの法則とは、人と人とのコミュニケーションにおいて、言語情報が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%のウェイトで影響を与えるという心理学の法則のことです。


つまり対人間の面接においても、視覚情報である見た目が合否に大きく直結していると言えます。また、人前に出ることが多い仕事ほど見た目の印象を重要視しています。例えば、テレビや広告といった一般的な仕事よりも他人に見られる機会が多い業界・職種では見た目の印象を最重要視しています。


9割の人事が見た目を重要視


前述の一部企業・職種に限らず、多くの企業の人事が見た目を気にしています。その理由として、社員のイメージが自社・その商品のイメージに直結するため、外に良いイメージを持たせたい場合はより見た目が重要視されるからです。


そのため、企業そのものや商品を良く見せたいなら、見た目の良い人を雇い入れることが手っ取り早い方法だと言えます。また、面接や入社後の社内外においても、気持ちよくコミュニケーションを取れるかという点でやはり見た目の重要性が分かると思います。


面接は第一印象で決定する理由


第一印象の良い人は営業先からの受けもよく成果を残しやすい傾向にあるため、面接でも第一印象が重要視されます。


営業先などで初対面の人と会う際に誰しもがまず見た目から人を判断してしまいます。例えば、営業や受付の仕事で魅力的な人が多いことからも分かるように、第一印象がその人だけでなく会社のイメージにも大きく影響することとなります。


そのため、ビジネスにおいては印象は非常に大切な要素の1つであるため、面接においても第一印象を重要視すると言えます。


第一印象が他の特徴の評価を決定することも


人間には「目立ちやすい特徴に引きずられて、他の特長についての評価が歪められる」という特性があります。

いわゆる認知バイアスというもので、面接において第一印象で低評価を受けてしまうと、その後の話も低く評価されてしまいます。


第一印象が悪いと内定率も大幅にダウンしてしまいます。そのため、面接会場に入る前に「入室後どう振る舞うか」「どんな挨拶をするか」などの第一印象を上げるイメージをしておくだけでも内定率向上につながります。


減点方式の面接では後の挽回が困難に


面接には加点方式と減点方式の2種類があります。


加点方式の場合は第一印象が悪くても後から挽回できますが、減点方式だと面接前にマイナス評価されてしまい挽回は困難です。

たとえ、その後に良いガクチカ、志望動機をアピールすることができても第一印象の悪さが尾を引き、本来良いものも過小評価を食らってしまいます。

そのため、面接序盤はより一層、相手に自分の姿がどう見えているかを意識して受け答えすることが重要となります。


顔採用は本当に存在する?

就活では顔採用が存在するという噂を聞いたことがある学生もいるでしょう。


実際には、顔の良し悪しだけで採用されるケースはほぼありません。ただ、見た目が重要ということは間違いなく、雰囲気の良さや清潔感などトータルの判断で採用されているケースが大部分を占めます。


ここで、高評価を獲得するための雰囲気とは


・表情が明るい

・身だしなみが整っている

・ハキハキと発音できている


などの要素があります。


これらの要素は当たり前かのように思えますが、実際にこなしている人は少なく、思っているより難しいことでもあります。


顔が良くても落とされるケースあり


仮に顔が良くても落とされる場合があります。


例えば、顔が整っていても身だしなみが清潔でなかったり、表情が暗かったりすると印象が悪いですよね。面接においても同じで、顔の良し悪しに関係なく、堂々とした立ち振る舞いで笑顔が明るい人が好印象を与え評価されます。


就活での第一印象を上げる方法


笑顔で振る舞う


就活で第一印象を上げるためには、笑顔で振る舞うことも重要です。


就活における対人コミュニケーションの場である面接において、笑顔は大きな武器になります。その理由として、笑顔は相手に自分がポジティブな性格であることを連想させるからです。


前述した通り、人がコミュニケーションを取る際の参考情報とするのは、メラビアンの法則によると視覚情報が55%を占めます。たとえ口ではどんな言葉を述べていても、目で見える笑顔から判断して「明るい」「ポジティブ」と思われれば、それがその人のイメージとなります。


また、面接の際に笑顔を意識するタイミングとして


・面接会場に入るとき

・雑談を行うとき

・面接会場を出るとき


の3点が挙げられます。


これらのタイミングで笑顔を意識してみると、印象が良く見えるでしょう。


会話は普段からトレーニングすることも効果的


就活生の中には、普段からあまり微笑まない人や面接で緊張して表情が固まってしまう人もいます。

そのため、面接の場で爽やかな笑顔を見せるには、普段から笑顔のトレーニングをし、自然に笑顔が出るようにしておく必要があります。


以下に、爽やかな笑顔と豊かな表情を作るためのトレーニング方法を記載しておきます。


【基本トレーニング】

1.割り箸を上下の前歯で挟んで30秒くわえる

2.30秒後に割り箸を外し、口角の位置をキープする

3.以上を5回繰り返す


【頬筋トレーニング】

1.唇を「い」の形にして表情筋だけで横に思いっきり引っ張り10秒キープ

2.唇を「う」の形にして唇を思いっきり突き出し10秒キープ

3.以上を5回繰り返す


ハキハキと会話を行う

ハキハキと会話を行うことも、面接において見た目の印象を良くすることに繋がります。


人の印象を左右するのは視覚情報が55%と一番大きいですが、次点で耳から入る聴覚情報が38%の影響を与えます。


例えば、相手にとって聞き取りにくい話し方をしてしまうと、受け取り方によっては独りよがりで相手に対する気遣いのできない人物に見えるかもしれません。


しかし、ハキハキと会話を行うことによって、相手にとって聞き取りやすいだけでなく明るく自信を持った人間に見えます。


特にコロナ禍の就活において、対面面接ではマスクのせいで声がこもりますし、Web面接ではマイクやスピーカー、ネットの接続状況によって思った通りに声が届かないことがあります。そのため、面接において会話をする際には、思った以上にハキハキと話すことを意識してみると良いでしょう。


姿勢の良さも評価ポイントの一つ


面接における見た目の印象を良くするには、意識的に姿勢を正し、手癖などにも注意する必要があります。


姿勢が悪いと自信のなさやネガティブ思考を表しているように見え、印象が良くないです。姿勢が悪くなる原因は、普段の生活で培われている体の癖や筋力不足などがあります。


面接時に備えて、普段から意識して姿勢を正すことが大切です。


また、姿勢の悪い就活生に多いのは、ストレートネック(スマホ首)と呼ばれる状態です。体のラインから首だけが前に飛び出して見えるような状態で、スマホなどの使用で下向きの姿勢が長時間続くことが原因となる場合が多いです。


解消法としては、首や背中のストレッチを行い筋肉をほぐしたり、普段の生活で意識的に顎と後頭部を後ろに引いて、あごの重みを肩の上にのせる正しい姿勢を保つようにすると良いです。


Web面接では自分の映りかたにも細心の注意を


Web面接では自分が画面上にどう映っているか細心の注意を払うことも重要です。


例えば、画面に映る自分の姿が明るいか暗いかで、相手へ与える印象が変わってきます。明るい場所を選んだり、ライトを事前に用意するなどして自分の表情が伝わるように工夫を施すことも大切です。


また、Web面接でもしっかりと相手の目を見て話すということも大切です。

Web面接では相手の顔が表示されている画面の位置より、自分を映すカメラの方が高い位置にあります。そのため、Web面接では”カメラ目線”を意識することで、面接官が見ている画面上では就活生が自分の目を見て話しているように見えます。


【男性編】就活における見た目の印象を上げるコツ

清潔感を意識した身だしなみ


見た目の印象を上げるには、清潔感を意識して身だしなみを整えることが重要です。


「そもそも清潔感って?」と疑問に思う方もいると思います。清潔感とは、汚れもなく衛生的であること。例えば


・髪が長くボサボサしていない

・スーツがしわくちゃではない

・革靴が汚れていない


などが挙げられます。


仮に自分では汚れていないと思っていても、客観的に見たら清潔感があるか分かりません。そのため個人で判断するのではなく、友人や親御さんに一度見てもらうことをおすすめします。

スーツはフィットするサイズ感で

スーツには「3首」という用語があります。


3首とは「首、手首、足首」のことを指し、この3点が初めて会う際に注視されることから重要とされています。具体的には次の3点を意識してスーツを選んでみてください。


・ジャケットの後ろ襟が首の後ろにフィットしている

・袖丈の長さは、ワイシャツが1~1.5cm出るくらい

・ズボンの裾が靴の項に少し当たるくらいの長さ


以上の要素に加えて、スーツの色は黒または濃紺で、シングルボタンが通例なのも覚えておくと良いでしょう。


ワイシャツは白無地が無難

白のワイシャツは万能であらゆるシーンで使用することができます。なぜ白の無地が良いかの理由には以下のものがあります。


・ダークスーツとの相性が良いから

・清潔感や信頼感を与えるから


これらの理由や背景を抑えておくことで、納得感を持ってスーツを着こなせるはずです。


また。白は「清潔感」「信頼感」「正しさ」などを象徴する色合いともされています。第一印象の見た目で「潔き自分」であるのを伝えるためにも、白のワイシャツは無難と言えるでしょう。


髪型も要チェック


髪型は清潔感に直結する重要な要素の1つです。


髪型に関しては、短髪ですっきりした印象に仕上げることで第一印象は良くなります。特に目元・耳元に髪がかからない長さにすることで良い印象を与えます。

短髪ですっきりしていると不快感が減るので、働く人やお客様にとっても気持ちの良い印象になります。


前述のとおり、社会人になると社員のイメージが企業・商品のイメージに直結するため、相手にマイナスな印象を与えない心がけが大切です。


【女性編】就活における見た目の印象を上げるポイント

前髪にかからない長さがおすすめ


前髪は調整できるのであれば、目にかからない長さがおすすめです。


前髪がかかることがダメな印象につながるとは限らないのですが、前髪がかからない方が企業にすっきりした印象を与え、清潔感を伝えられます。


また、前髪が目にかかると面接官に暗い印象を与えてしまう可能性もあります。前髪がかからず目が見えるだけでも堂々とした印象が与えられます。相手にマイナスな印象を与えないためにも、髪型は就活時期だけでも整えておく方が得策です。


スーツは紺色が無難


スーツは黒でも良いのですが、少し重たい印象を与えてしまうため「濃いめのグレー」「紺」がおすすめです。


濃いめのグレーであれば、細かい汚れや雨の水滴が目立ちにくいからです。また、顔周りの印象も良く見えます。


紺に関してはスーツの生地にもよりますが、光沢感のあるタイプは避けることがおすすめです。だらしない印象に映ってしまうため、面接などのシリアスな場面には合いません。無光沢のスーツを選ぶことが第一印象を上げるためにも重要でしょう。


セミタイトのスカートで足元がスッキリ見える


スカートのサイズに関しては、「セミタイト」を選ぶと良いでしょう。


動きやすいので面接会場への移動も少し楽になりますし、なにより真面目な印象を与えることができるためおすすめです。


また、ウエストやヒップ周りに余裕があるため、足元に向かってスッキリに見えて清潔感を与えてくれます。


「セミタイトってどのくらい?」と疑問に持つ方もいると思います。セミタイトとは具体的に


・丈の長さが立った状態で膝が隠れる

・座った状態でひざ丈が5cm以上上がらない


ものを選ぶと良いでしょう。


ブラウスで基本的な清潔感をアピール

男性と同じように、女性も白のブラウスを選ぶことで基本的な清潔感をアピールできます。


また、襟の形は「レギュラーカラー」「スキッパーカラー」が良いとされています。どちらを選んでも基本的に問題はないですが、こだわりたい方は与えたい印象で選ぶとよいです。


・レギュラーカラー:真面目なイメージ

・スキッパーカラー:活発なイメージ


選考を受ける業界がどちらを好むかを考えて選ぶと良いでしょう。ただし、どちらの選択肢が良いかと悩む必要もないので、ブラウスの選択で悩みたくないなら「レギュラーカラー」を選んでおけば無難でしょう。




Comments


開催予定のイベントはありません
bottom of page