top of page

三井不動産と三菱地所の違いとは|内定者が選考フローを徹底解説

更新日:2023年4月11日

売上・営業利益ともに業界No.1、2を争う三井不動産と三菱地所。

総合デベロッパー志望なら、まず目指す2社といえます。

しかし、両社の具体的な業務内容や求める人物像の違いが分からず、悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、実際の内定者から話を聞き、三井不動産・三菱地所の違いを徹底解説していきます。



三井不動産・三菱地所の違いを徹底研究


まずは、2022年3月期のIR資料をもとに、両社の具体的な違いを解説します。


三菱地所

三菱所の営業収益はコマーシャル不動産事業が過半数を占めています。


  • オフィスビル:丸の内を中心に国内主要都市で開発・賃貸・運営管理業務を展開

  • 商業施設:大都市圏を中心に商業施設・アウトレットを開発

  • 物流施設:「ロジクロス」シリーズを柱に物流施設の開発、リーシング、運営管理を実施

  • ホテル・空港:ロイヤルパークホテルズグループとして国内でホテルを展開。空港の民間運営事業を開始


三菱地所の強みはやはり、丸の内エリアの収益です。

オフィスビル事業では丸の内エリアにみずほ丸の内タワーやTorch Tower、有楽町再開発計画などがあります。

ポスト・コロナを見据えた取り組みとしては、ボックス型のワークスペース「テレキューブ」の設置や、コンパクトオフィス「CIRCLES」の開発など、多様な働き方に合わせたプロジェクトを進めています。


三井不動産

三井不動産の売り上げは賃貸が約3割、分譲も約3割を占めます。



三井不動産の強みは、経営資源を効率よく分配したポートフォリオ経営です。

下記のような多様な事業を展開しています。


  • オフィス:テナント総数約3,000社、賃貸収益約3,898億円。日本橋室町三井タワーや東京ミッドタウン日比谷を保有

  • 商業施設:テナント総数約2,400社、賃貸収益約2,262億円。ららぽーとや三井アウトレットパークを運営

  • 物流施設:MFLPを全国に展開。今後の開発パイプラインのプロジェクトは16件以上進行中。

  • 住まい(国内住宅分譲):パークコートや三田ガーデンヒルズを保有。

  • ホテル:三井ガーデンホテルやブルガリホテル東京、京都三条ホテル計画などが進行中


不動産の「保有」「開発」「マネジメント」を最適、かつ柔軟に組み合わせて、利益の最大化を実現しているのです。


三菱地所の選考フローを紹介


三菱地所の選考フローは下記の通りです。


ES提出

例年の選考フローでは、ESとWebテストを3月に提出します。


〜例年のES設問〜

  • 学生時代にした最大のチャレンジ(300〜500文字)

  • 大切にしている信念とそれを培った経験(300〜500文字)

  • 三菱地所でどのような仕事をし、何を成し遂げたいか、その理由(300〜500文字)


例年、様々な設問がありますが文章から自分がどんな人間なのか、伝わるように書くことが重要です。

また、数あるデベロッパーの中でもなぜ三菱地所なのかを伝える必要もあります。

1分程度の自己紹介や趣味・特技が面接の話題にあがることもあるので、何を伝えるかは吟味しましょう。

昨年度は提出した動画、ESを締め切り後も閲覧できましたが、念のためスクショなどで保存して、面接前に見返すことをおすすめします。


Webテスト

Webテストの種類は、標準的な玉手箱です。

ボーダーは8割程度と言われており、何回か経験をしていれば、十分に通過できるレベルです。

問題集を繰り返し解く、玉手箱のある他社の選考を受けて慣れておきましょう。

ES、Webテストまでの通過率は高く、グループディスカッション以降でかなり絞り込まれます。


グループディスカッション

GDは基本的に5月中旬に行われます。

6人1組のグループに分かれて部屋に入室すると、テーマが書かれた冊子が渡され10分〜20分位読み込む時間が与えられます。


〜過去の出題テーマ〜

  • 新しく作るショッピングモールの建設地候補

  • レストランチェーンに新店舗をどのエリアに出店すべきか

  • 3つの候補地の中から、どこに新規店舗を出店するか


出題テーマとして多いのは「新しく◯◯を出店する際にどこに出店すべきか」というものです。

その後、30分ほどディスカッションを行い、結論を出しますが、全体で結論を発表することはありません。


ポジション決めは禁止されており、GD通過者は、ファシリテーター、視点の切り替え役、タイムキーパーなど様々なので、どのポジションでも有利・不利になることはありません。

他人の意見を否定しないことや一人で話し続けるのではなく、周りの意見を聞きながら、適切なタイミングで意見を述べることが重要です。


資料の情報量がかなり多く、読み終えられない人も多いので、要点を掴みながら読み進める必要があります。

部屋には時計がなかったので、腕時計を持っていくことをおすすめします。


1次面接

1次面接は基本的に6月1日・2日に行われます。

23年度の場合は、5/24にGD通過者全員にメールが来て、先着順に申込開始という流れでした。

オンラインで15分ほど6〜10年目くらいの社員との人物面接が行われました。


内容もかなりオーソドックスなもので、自己紹介やガクチカ、デベロッパーとして何をしたいのかなどが聞かれます。

合格者はその場もしくは当日中に電話で連絡が来ることが多いです。


2次面接

2次面接は6月1日・2日に東京オフィスに呼ばれることが多いです。

1次面接と同じ日に2次面接まで進むこともあるため、大手町近辺にホテルを取っておくのもおすすめです。


時間は20〜25分で、自己紹介と志望動機、ガクチカとその深掘りが基本的な内容です。

ただし、まちづくりをする立場として何が大切だと思うのか、好きな街はあるかなど予想外の質問もされる場合があるので、どのような質問が来ても動じずに答える心構えが必要です。

また、三井不動産との違いを聞かれた学生もいるので、三菱地所への企業理解が重要となります。


OB訪問やインターンシップで得た情報を伝え、理解度をアピールしましょう。

合格の場合、その場で日程調整を行います。


最終面接

最終面接は基本的に6月2日に対面で行われます。


最終面接とはいっても、最終確認ではなく合格率は20%とも言われています。

待機場所で若手社員の人がアイスブレイクをしてから、15〜30分ほどの面接があります。

役員クラスの社員3人対学生1人で、志望動機について詳しく質問されます。


〜過去の設問例〜

  • 三菱地所の

  • 三井不動産との違い

  • 三菱地所から内定をもらったらどうするか

  • 丸の内についてどう思うか

  • 三菱地所のウィークポイント

  • 東京駅周辺を街歩きして感じたこと


かなり厳かな雰囲気で面接官3人からそれぞれ質問が飛んできます。

回答に論理性があるのか、三菱地所への志望度が見られており、圧倒されずに堂々と話をすることが重要です。


合格の場合、待機室で通知されるか当日〜翌日に電話がかかってくることが多いです。


三井不動産の選考フローを紹介


三井不動産の選考フローは以下の通りです。


ES

ESでは、志望理由や価値観、経験などが聞かれます。


〜過去の設問例〜

  • 三井不動産の志望動機(300文字以下)

  • 社会に出て仕事をする上で大切にしていること(300文字以下)

  • 自分の個性を強烈にPRするキャッチフレーズ(50文字)とその補足(100文字)

また、今の自分を形成する上での重要な経験も問われることが多いです。

大学入学までの経験1つ、大学での経験2つにテーマをつけ、具体的に説明し、その経験が今の考え方や行動にどのように繋がっているのかを伝えます。


適性検査

テストセンターでSPIを受けます。

  • 言語

  • 非言語

  • 構造把握

  • 性格

SPIの対策本を何周も解くテストセンターで受験できる企業を何社か受けておくことをおすすめします。


1次面接

4月中旬に面談予約開始日程の案内がきて、面談枠を予約します。

1次面接は6月1日に行われることが多いです。


昨年度はZoomでのオンライン面接で、5〜10年目位の社員2人対学生1人で15分程度の面接を行いました。

自己紹介やガクチカなどオーソドックスな質問が中心ですが、厳かな雰囲気であることが多いようです。


合格の場合、数時間後に電話で日程調整を行います。当日に、2次面接が入ることもあります。


2次面接

2次面接からは東京ミッドタウンのオフィスで行われます。

30〜40代くらいの社員2人対学生1人です。始めの20分で最終面接用のモチベーショングラフ、選考状況、毎回変わるテーマを題材としたミニ小論文を書きます。

その後ブースへ移動し、面接官が出てきたら面接が始まります。


モチベーショングラフは小学校・中学校・高校・大学ごとにそれぞれ2つ以上の出来事を記載するものです。

モチベーショングラフの作成に時間がかかり焦る人が多いので、作成する練習していくのも良いでしょう。


合格の場合、電話で日程調整を行います。2次面接と同じ日に最終面接が行われることもあります。


最終面接

最終面接は役員クラスの社員4人対学生1人で行われます。


待合室では3人の就活生が同時に待機し、前の面接を受けた就活生が返ってきて、人事と3人で話をします。

お菓子やジュースまで用意されており、ここで面接で聞かれた内容を聞くことができるのですが、ここでも初対面の人との関わり方を見られている可能性が高いです。

面接室で面接を行い、待機室へ戻り1つ後ろの就活生からの質問を受けて解散となります。


模擬面接グラフを元に幼少期からの性格や出来事を深ぼられることが多いです。

緊張感はあり、時々鋭い質問が飛んできますが、堂々と答えられているのか、学生の本性も見ようとしているので、緊張しすぎずに答えられるとベストです。


合格者は、当日から翌日にかけて電話がかかってきます。

後日、最終面接を担当した社員と握手する機会があります。


各企業の求める人物像の違いとは?


最後に、各企業が求める人物像の違いを紹介します。


三菱地所の場合


志ある人、現場力・仕事力がある人、誠実・公正である人、組織で戦える人、変革を起こす人が求められています。

まちづくりを通して社会貢献をしていく中で、人々に受け入れられ歓迎されるまちづくりに取り組むためにも、このような社員が求められているのです。


実際の面接でも、デベロッパーでどんな世の中を作りたいのか、将来的にやってみたいこと、再開発は必ずしも良いことばかりではないけどどう思うか、などの質問がされ、自分自身で意見を持っているかを見極められています。


過去の内定者は、人と関わる中で影響を与えられ、また影響を受けられる点、とにかく人を大切にしている点などが評価されています。


三井不動産の場合


三井不動産では、周りの人々の幸せをまっすぐに願うこと、相手の声に耳を傾け、心を通わせていくこと、信じた道を諦めずに進み続けることが求められています。


実際の面接でも、最終面接で学生同士が交流する時間を求めたり、面接前に談笑する時間などがあり、人当たりの良さなどが見られています。


また、モチベーショングラフを用いた面接により、幼少期から性格が深ぼられ、学生の本当の性格や価値観を見ています。

モチベーションが上がる瞬間、人生でズルをしたことはあるか、人生で嫌われた経験、苦手な人はどういった人かなど、その人本来の性格を引き出そうと、他社ではあまり聞かれない点まで深ぼられるため、入念な自己分析と対策が必要です。



 


Prime.N Salon では、就職活動を本気で取り組む学生に向けたオンラインサロンを運営しています。オンラインサロンでは、1対1のメンター制を基本にして、ESの添削や、面接練習、総合商社や総合デベロッパー社員にお話を聞く集団模擬面接イベントなどを行っています。


Prime.N Salon は本気で就職活動に取り組むことで、「就職活動」にも「その後の働く未来」も楽しもうとする学生の参加をお待ちしています!



 






Comments


開催予定のイベントはありません
bottom of page